2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

固定(BlogPet)

光光(guang-guang)は、みかんは爆破が固定するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「光光(guang-guang)」が書きました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 07:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年末年始の出来事②

前回の続き

手術といっても簡単なものだろうと思っていたら、予想と反してかなり本格的でした。

手術病棟に移動し、手術室に。そして麻酔の説明を受け(場合によっては動かなくなってしまう可能性もあるとか)、それに同意した上で、じゃあってことで、手術着に着替え、ベッドに横たわり手術室へ移動。

奥にはさらにいくつかの手術室があり、その部屋と部屋の間の廊下で麻酔開始。
局部麻酔なので、麻酔医の人が麻酔が効いた確認するために何回かつねられました。
そのうち全く何も感じなくなり、奥の手術室内へ移動。

「テレビドラマの手術室と同じだ」なんて喜んでいるうちに顔に布をかけられ視界がさえぎられた後に手術開始。
ときおりチクチクするのを感じながら、ボーっとすること約1時間。
無事終了ってことで左手をみたら、お医者さんが二人がかりで包帯をぐるぐるまき、まるで骨折後のようにギブスで固定されてしまいました。
執刀医の方が「この金属を2ついれた」となんだかうれしそうに教えてくれ、あまりの意外さにあっけにとられている間もなく手術室から出されました。

手術中抗生物質を点滴で投与していたためか立ち上がれず、車椅子に乗せてもらい、診断病棟へ移動。

左手はとにかく重いし、体はフラフラするし、なんでこんな大事になってんだとかるいショックをうけているのも露知らず、手術で開いた指を撮影したものをデジカメで見せられ、「これが術前、そしてこれが術後」と説明を受けたのですが、何がどう変わったのかさっぱりでした。

あと30分くらい点滴つづけておわったら帰っていいよと言われ、ところで麻酔はいつ切れるか確認したら夜9時頃だと。

「この単なる塊と化した左手でどうやって帰ったらいいだよ」と心の中でさけびつつ、仕方ないので奥さんに迎えに来てもらうことに。(結婚していてよかった)


そんな感じで、無事手術も終え家路についたのですが、麻酔が切れ始めると共に強烈な痛みが走り、夜は痛みにのたうち苦しみながら、新年を迎えました。


13日(火)に無事抜糸を済ませ、今は左手中指を固定しています。
2週間くらいで繋がるもんなんですね。
時々チクチク痛みます。

2月中旬までこの固定はとれないとの話です。

| 生活 | 20:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年末年始の出来事①

新年明けましておめでとうございます。

さて、しばらく更新が滞ってしまいましたが、(このところしょっちゅうですが)これにはふか~い理由があります。

実は年末に左手中指を手術しました。

事は28日夜に始まります。

その日職場でいろいろうまくいかないことがあり、イライラモードで帰宅しました。
愛する佳佳さん(妻 仮名)がいるので、イライラ全開ではまずいと思い、帰宅途中自分なりに整理していたのですが、玄関を開けてみると誰も居ない。さらに食事の準備もしていない。

それでも、何とか気持ちを抑えて、とにかく風呂に入ってすっきりすることに。
さすが冬なだけあって服を脱ぐのも決意がいる。とにかくさっさと脱いで風呂へと思っていた矢先、ズボンを脱ぐ拍子に、左指がひっかかり、そのまま強引に脱いだら「プチッ」と何かが切れる音が。
ズボンを脱いで左手を見たら、なんと中指の第一関節がペコッと曲がっているではないですか!

寒いからかじかんでしまっているんだろうと前向きに捉え、とにかく風呂へ。
しかし、いくら温まっても指は変形したまま。

ちょっとこれはまずいのでは、と思い近くの桜クリニックへ。
診察時間外でしたが急患で診てもらい、当直の医師の初診は「たぶん脱臼でしょう」と。
それで脱臼の処置、つまり中指を力いっぱい引っ張ったのですが、回復の兆しなし。
「これは筋か神経に疾患があるかも」ってことで、「今日は他にできないので日を改めて検査に来てください」ということで、神経栄養剤なるものを頂いて帰宅。

帰りすがら、佳佳さんの携帯に電話したら、「今バスで変える途中」だとのことで、結局私が病院から帰ってきて、ようやく佳佳さんも帰宅。

翌日、会社で上司に指のことを伝えたら、AIU(保険会社)に電話して、ちゃんとした病院を紹介してもらった方がいいと言われ、電話をしたところ华山医院を紹介してもらい、さらに通訳の手配もしてもらいました。

30日まで仕事が詰まっていたので、31日朝一で病院に行ったところ、やはり筋が切れていて手術の必要ありと。

次回へ続く。

| 生活 | 15:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宜家家居(在上海)(BlogPet)

mittatの「宜家家居(在上海)」のまねしてかいてみるね

上海の営業を見たら、大型家具小売店で脅迫電話騒ぎ、mittatは無かった?
IKEAであるIKEAで昼食を出たという脅迫電話対応にいって帰っており、mittatは、徐公安分局に帰ってから、徐公安分局に電話騒ぎ、お店をしかけた模様。
もし、この日、一時来店客が鳴り響き、宜家によると鉢を見たら大変な事件があった模様。
今月にいってネットをとっていましたので、店員も〔2008年12月20日の営業を預けて帰って、一時客が避難する騒ぎ、上記の人があったでしょうね。
もし、上記のは佳さん(IKEYA)には無かったとブランケットとブランケットと一緒に取りに宜家家居2Fのためにちょくちょく買い物に宜家にいるすべてのようなことにいるすべての人が鳴り響き、徐公安分局に出かけており、一時客に関しては4時頃、宜家家居2Fのは、mittatは無かったという脅迫電話騒ぎが避難する騒ぎ、一時客に関しては無かった模様。
そして家に到着してきた模様。
IKEAでも含む店内に出かけてきましたので、火災警報のは無かった来店客があった来店客に関しては、上記のために爆弾があり、一時客があった模様♪
店内に追われて帰って帰って、宜家家居(IKEYA)と知りびっくりです。
IKEAでも〔2008年12月20日の人があった模様!
もし、昨日20日の人があったのはレースのは4時頃、お店であるIKEAで昼食をした。
実は昨日は、店内に帰ってネットを買って、爆破であるIKEAであるIKEAで、本当に爆弾があったという脅迫電話が鳴り響き、リフォームの人があり、店内に取りに入って買い物にちょくちょく買い物に取りにちょくちょく買い物に買い物をしかけた来店客などを見たら、店内に電話が鳴り響き、店内になってから、リフォームのために買い物に買い物には無かったという脅迫電話騒ぎがあり、お店であるIKEAで、大型家具小売店で脅迫電話騒ぎ、宜家家居2Fの営業を出たと知りびっくりです。
とくにけが人などが鳴り響き、本当に爆弾があったので、お店を出たという脅迫電話が鳴り響き、爆破であるIKEAではレースのようなことには4時頃、店員もしたという脅迫電話騒ぎがあったと一緒に爆弾をしてネットを預けていたら大変な事件があったという脅迫電話が鳴り響き、翌日以降に取りにちょくちょく買い物に電話対応に爆弾をしていたら大変な警報音があって買い物に取りにいるすべてのようには佳さん(IKEYA)と鉢をしかけたでしょうね。
そして家家居2Fのカーテンと一緒には4時頃でしたの営業を取りやめ、昨日20日夜7時頃でしたので、お店を見たら、店内に追われて帰って、この日夜7時頃、翌日以降にちょくちょく買い物をしかけたので、mittatはレースのは、火災警報音が避難し、本当に爆弾をとっており、また荷物などをとって買い物を出た。
もし、大型家具小売店であるIKEAでも〔2008年12月20日、一時来店客があったと一緒にいるすべてのIKEAで、本当に爆弾をしかけたのような事件が鳴り響き、火災警報音が鳴り響き、翌日以降に宜家家居2Fのカーテンとブランケットとブランケットと鉢を買って買い物を預けてから、翌日以降に宜家家居(妻)にはレースのようにいるすべてのためには佳さん(IKEYA)と知りびっくりです。
とくにけが人などを買っており、徐公安分局に到着した来店客があって買い物にいるすべてのカーテンと、また荷物などは、昨日20日夜7時頃でした模様。
そして家家居2Fのは4時頃、宜家家居2Fの食堂ではレースのカーテンと一緒に来るように追われてネットをとって買い物に取りに入っており、店内にちょくちょく買い物を預けて帰っていたと知りびっくりです!

*このエントリは、ブログペットの「光光(guang-guang)」が書きました。

| 未分類 | 07:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。