2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エントリ(BlogPet)

きょう光光(guang-guang)はお達しも駐在しなかった。
だけど、mittatはエントリっぽい関係しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「光光(guang-guang)」が書きました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 07:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6周年、そして

本日、2008年11月22日をもちまして、mittatの在上海暦が6年となりました。

異郷の地で6年もよく頑張っていると思います。そこでお祝いとしてKFCを食しております。

さて、振り返ること6年前、会社の上司に連れられよくわからないまま、上海に上陸し、その夜は翌日の朝食用にとローソンでパンを買ったことを覚えております。しかし、その当時はたいした商品もなく、現在のローソンと比べると雲泥の差です。そう、この6年間でコンビニ商品は各段をレベルアップしました。
今では日本製のお菓子なんかも売っており、「日本製のリポDと中国製のリポDって値段が3倍近く違うけど効果もそれくらい違うのかな」なんてふと考えることもあります。

今中国はノービザで15日間滞在できますが、mittatが来たころはビザを先に取ってくるのがあたり前でしたから、なかなか手続きに手間取りました。
そして、今現在もいろいろな手続きに奔走しております。

ご報告が遅くなりましたが、mittatは先日19日に結婚をいたしました。といっても式を挙げたりしたわけではなく婚姻届を提出しただけなのですが、仕事の関係もあって上海の領事館で提出いたしました。

日本各地で提出できるのはもちろんのこと、海外でも領事館に行けば提出可能なんです。ただし、いろいろと面倒なこともあります。
上海で提出する場合、婚姻届がなんと最低3枚は必要なんです。
1枚は領事館保存用、もう一枚は夫の本籍地用、そしてもう一枚は妻の本籍地用です。コピーしたらいいじゃんという気もするのですが、さらに新しいところに本籍地を設けるとさらにそこに提出用にもう一枚必要です。
そして婚姻届と同じ数だけ戸籍証明(戸籍謄本or戸籍抄本)が必要です。

日本ですと、提出するとその場で受理証明なるものがいただけ、1週間くらいすれば婚姻証明が出るそうです。つまり新しい戸籍が反映するわけです。

しかし、上海で提出した場合、上海から日本への郵送は毎日行っているわけではなく、月の上旬・中旬・下旬の3回に分けて行っているので、すぐに日本で処理されるわけではないのです。したがって戸籍が反映されるのは1ヶ月くらいかかるそうです。
さらに受理証明もその場ですぐはでません。

mittatはZビザ(就労ビザ)ですが、妻は随行家族ということで手続きが必要です。
とりあえず専家証に随行家族としての登録が必要なのですが、それには婚姻を証明できるものが必要です。普通は婚姻証明を出せばいいのですが、mittatの場合、それがないので婚姻届のコピー(領事館の判子付き)でなんとか通りました。

そして今度は出入国管理処にビザ発行の手続きをしにいくのですが、そのためにはさらに臨時住居登記なるものが必要です。ついこの間様式が変わったらしく、以前登記した人も再登記に行かないといけません。mittatも妻の分と一緒に登記してきましたが、今月中というお達しがあり、普段は結構すいている派出所も行列ができていました。

mittat夫人は10月からLビザ(観光ビザ)で滞在しており、Lビザは1度の再延長ができるので11月いっぱいまで大丈夫と思っていたら、先週一時帰国し、一度出国してしまうとLビザは有効期限が残っていても無効になってしまうそうです。しかし、ノービザで入国した扱いになるので入国日から2週間は大丈夫です。結果としては1日分得したわけですが、随行家族ビザの手続きが手間取るようならLビザ取得も可能ですから、とりあえずは大丈夫です。

海外に留まるというのは何かと手続きが必要なので、もし今後海外駐在の予定がある方はよく調べて準備をしておいて下さい。

| 生活 | 12:12 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

理想を語る(BlogPet)

mittatの「理想を語る」のまねしてかいてみるね

世の中なんだかあわただしいです!!
夜は持ちつつもあります。
「やすらぎのあるところ」に帰ってきた頃でも、とりあえずそこになることにおいて、家に自信が早いときでは日付超える前に幸せ感じるかなことだけど、中学までは11時、これを受けPOPSにしないと考えていかないけど)、かなり抽象的にも既製品は11時、中学まではいけませんね。
なんか?「やすらぎのあるところ」にmittatの地ではあんまり音楽に寝ないけど、かなり抽象的にすることも既製品は食生活も幸せ感じるかはうまいもの作って来てきた人がベストですがなぜって何だろうと体力回復して迎えて、あんなに世の中に寝ないので、この6年間異国のはこの生活は置いといており(いつ食事つくって迎えてみましたの高校時代がベストです。
小室氏に影響を受けPOPSにしたいです。
もう少し具体的にしたいですが、遅いときでなく精神的に影響を与えた人がいるっての時、かなり抽象的ですが「料理がうまい」と体力回復してはちょっと自問してきたmittatは持ちつつもあります♪
なんか?「料理がうまい」と「幸せな家庭をつくる」って感じて来てみました頃でも、逆においしいもの食べさせる相手が「小室ファミリー」全盛期では仕事が早いときは「食」の高校時代が「やすらぎのあるところ」に寝ないので、自分自身でも既製品は「やすらぎのあるところ」に影響をすんごく感じて来てあげた頃でもあったの理想って感じてあげる♪
「幸せに生きる」ってとこでしょうと。
さてさて小室氏逮捕の理想って感じており(いつ食事つくっては、これを受けPOPSにmittatはうまいもの作ってきたのニュースは日付超える前に自信がやはり大目標で暮らしてその重要なことにおいて、この生活はあるんで、かなり抽象的に関心なかった頃でも、これがあるんね。
でもあったmittatは11時、栄養面だけでは日付超える前になることにおいて、あんなに世の中に幸せ感じるか覚えてあげたときは「食」の高校時代時代時代がベストですね!!
もう少し具体的ですがなぜって感じていかないので、この6年間異国のニュースはちょっとびっくりしたいですね。

*このエントリは、ブログペットの「光光(guang-guang)」が書きました。

| 未分類 | 07:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

理想を語る

世の中なんだかあわただしいですね。

小室氏逮捕のニュースはちょっとびっくりしました。
mittatの高校時代時代が「小室ファミリー」全盛期で、中学まではあんまり音楽に関心なかったmittatもさすがに影響を受けPOPSにはまっていた頃でもあったので、あんなに世の中に影響を与えた人がなぜって感じです。

人間変によくを出してはいけませんね。願望は持ちつつもやはり委ねていかないと。

さてさて小室氏にどんな理想があったのかは置いといて、これを機にmittatの理想って何だろうと、ちょっと自問してみました。

「幸せに生きる」ってのがやはり大目標ではあるんだけど、かなり抽象的ですね。
もう少し具体的にすると「幸せな家庭をつくる」ってとこでしょうか?
「やすらぎのあるところ」にしたいです。
mittatは仕事が午後からなんで帰宅するのが早いときで9時、遅いときは11時になることもあります。
夜は日付超える前に寝ないと体力回復しないので、この生活は結構しんどかったりすることもあります。
そんなんで、家に帰って来て迎えてくれる存在がいるってのはこの6年間異国の地で暮らしていてその重要性をすんごく感じています。

あとmittatは食生活も「生きる」ことにおいて、栄養面だけでなく精神的にも重要なことだと考えています。結構周りからは「料理がうまい」と評判をなぜか受けており(いつ食事つくってあげたのか覚えていないけど)、自分自身でもそれなりに自信があるので、疲れて帰ってきたときはうまいもの食べたいです。
でも、どんなにうまくても既製品は駄目。
「ドアを開けた瞬間においしいにおいがする」これがベストです。

休みの時なんかは、逆においしいもの作ってあげる。これ基本。
食べさせる相手がいるってのも幸せなことです。

なんか「食」のことばかりですが、とりあえずそこに幸せ感じるかな。

| 生活 | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HSK断念

ようやくやる気になったHSKの勉強ですが、申し込みできませんでした。

ビザの更新も重なっていろいろと忙しい中、一応申し込みをしに足は運んだのですが、最初にいった交通大学では在校生優先なのかよくわからないまま、断れてしまいました。

交通大学を見つけるまでも結構大変だったのに、受付でかなり待たされ、そのあげく「华师大で申し込んでくれと」
その日は時間がなかったので翌日、华师大こと華東師範大学へいってきたのですが、これがまた噂に聞いていた以上にキャンパスが広く、HSKの受付をしている建物はキャンパスの奥の奥で、ようやくついたと思ったら昼休みで誰もいない。
私も仕事に行かねばならない時間でもあったので、泣く泣く断念となりました。

まあ、ようやく語法がちょっとわかるようになった程度で聴力の方はわからないものはまったく何の会話しているかもわからないくらいなので、ちゃんといろんな意味で準備を整え次回の5月に受けようかと思っています。

まあ、今回は申し込みの仕方をはじめ、HSKの勉強の仕方が見えてきたのでそれだけでもステップアップしたと受け止めておきます。

| 語学 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。